フジワイファイ再起動

2020/4/25

フジワイファイ「コード12」で通信できない!?対処法紹介

最近フジワイファイのクラウドプランを使っていてネットに繋がらなくなる障害が発生しています。 「コード12」 ルーターのディスプレイにこんなメッセージが表示されます。 fujiwifiのクラウドプランなんだけど、コード12とか出てて、インターネットに繋がらない💧 昨日あたりから、この表示が出てる人がいるようだけど… やっぱSoftBankの回線が問題なのか? 仕事で常に外にいる訳だから、繋がってくれないと非常に困る😭#フジワイファイ#フジWiFi#fujiwifi#コード12 ...

ReadMore

2020/3/19

固定回線代わりに無制限ポケットWIFI【WIMAXは使えない】

『自宅のネット回線といえば固定回線』 そう思ってはいませんか? しかし固定回線はデメリットが多く使いづらい場合があります。   むしろ、インターネットを手軽に使えて便利なのが「ポケットWIFI」 今のポケットWIFIは固定回線並みに使えます。 ただし、固定回線代わりにWIMAXはオススメできません。 そこでこの記事では、固定回線代わりに使用するポケットWIFIについてご紹介します。 \\\固定回線代わりはフジワイファイがおすすめ/// 目次1 固定回線のデメリット1.1 【デメリット1】固定回線 ...

ReadMore

2020/4/10

遅い?フジワイファイの通信速度と速度制限

「フジワイファイのポケットWIFIって、どのくらいの通信速度が出るんだろう?」 「速度制限はあるのかな?」 通信速度と速度制限 ポケットWIFIを使うときにすごく気になることですよね。 少なくとも、動画配信サービスが利用できるくらいの通信速度は欲しいところです。 通信速度が遅かったら、いくらインターネット使い放題でもストレスが溜まります。 使い放題のポケットWIFIを使うからには、動画配信サービスをたくさん視聴したいです。   そこでこのページでは、FUJI WIFIのポケットWIFIの『通信速 ...

ReadMore

FUJIWIFIのSIMプラン解説

2020/4/10

FUJI WIFI(フジワイファイ)のSIMプランを徹底解説!テザリングも可能

FUJI WIFIには『SIMプラン』というSIMカードだけレンタルできるプランがあります。 この記事では、 フジワイファイのSIMカードで何ができる? ルータープランではなくSIMプランを使うメリット フジワイファイのSIMカードを使うときの注意事項 フジワイファイのSIMカードが使えるモバイルルーター など FUJI WIFIのSIMプランについて徹底解説します! \業界最安・解約金ナシ/公式サイトはこちら契約期間の縛りが無いポケットWIFI 目次1 FUJI WIFIのSIMカードで何ができる?2 ...

ReadMore

FUJI WIFI(フジワイファイ)のSIMプランを徹底解説!テザリングも可能

FUJIWIFIのSIMプラン解説

FUJI WIFIには『SIMプラン』というSIMカードだけレンタルできるプランがあります。

この記事では、

  1. フジワイファイのSIMカードで何ができる?
  2. ルータープランではなくSIMプランを使うメリット
  3. フジワイファイのSIMカードを使うときの注意事項
  4. フジワイファイのSIMカードが使えるモバイルルーター など

FUJI WIFIのSIMプランについて徹底解説します!

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

目次

FUJI WIFIのSIMカードで何ができる?

FUJI WIFIのSIMプランでレンタルされるのSIMカードは、データ通信専用のSIMカードです。

インターネットを使うことはできますが、電話はできません。SMSを使うことも出来ません。

SMSとは

いわゆるショートメール。電話番号でメッセージの送受信が行えるサービス。

「フジワイファイのSIMプランのSIMカードでSMSの受信ができた!」という噂があります。

しかし、仮に使えたとしてもSMSはサービス対象外ですので使わない方が良いでしょう。特に「送信」をすると何かしらのお金を請求される可能性もあります。

 

FUJI WIFIのSIMカードで出来ること

○データ通信(インターネット接続)だけ出来る!

×電話は出来ない

×SMSも出来ない

\業界最安・解約金ナシ/

フジワイファイ公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

ルータープランではなくSIMプランを使うメリット

『ルーター有り』と『ルーター無し』なら『ルーター無し』のSIMプランの方が安いかと思いきや、月額利用料はほぼ同じです。

不思議に思いますよね。

とすると、月額利用料がほぼ同じでSIMカードだけを使うメリットはどこにあるのでしょうか?

私なりにフジワイファイのSIMカードだけを使うメリットを考えてみました。

  1. おまとめプランにするとSIMプランの方が安くなる
  2. 使いたいモバイルルーターが自分で選べる
  3. デュアルSIMスマホにセットすれば荷物を減らせる

 

【メリット1】おまとめプランにするとSIMプランの方が安くなる

先ほど説明したとおり、通常プランだと月額利用料はほぼ同じですが、『おまとめプラン』にするとSIMプランの方が月額利用料が少し安くなります。

月額200~300円程度ですが【塵も積もれば山となる】

2年間使用したとすると4800~7200円の違いになります。

こうなると結構気になる額ですよね?

あらかじめ長期間使うことが決まっている場合は、ルータープランよりもSIMプランを使った方が安く使うことが出来ます。

 

【メリット2】使いたいモバイルルーターが自分で選べる

FUJI WIFIのルータープランでは、使用するルーターを自分で選べません。

というのも、ルータープランではFUJI WIFIの方で在庫があるルーターが勝手に送付されてくるのです。

使いたいルーターの希望を出すこともできませんので、自動的に送られてくるルーターを使うしかありません。

 

モバイルルーターは種類によって、バッテリー容量や端末の大きさ・重さが違います。

そのため、自分で使用したいルーターが有る場合は、自分でモバイルルーターを用意したうえで、SIMカードのみのレンタルである「SIMプラン」を契約する必要があるのです。

自分でモバイルルーターを準備する手間はかかりますが、こだわりがある場合は、SIMプランを選択することになります。

 

なお、後述のとおりルータープランのSIMカードを差し替えて使うことはできませんので、注意が必要です。

 

【メリット3】デュアルSIMスマホにセットすれば荷物を減らせる。

ポケットWIFIを使うと、スマホ・タブレット等とポケットWIFIの2つを持ち歩く必要があり、荷物になります。

冬場で衣類にポケットがたくさんあれば良いですが、薄着になる夏場なんかは、スマホ・サイフ・ポケットWIFIをズボンのポケットに入れて持ち運ぶと、ポケットがパンパンになってしまいます。

カバンを持ち歩く習慣のある人はそれほど気にならないかもしれませんが、荷物は少なくして出来るだけ身軽にしたいという人はポケットWIFI1つ増えるだけでも邪魔になります。

 

そんなときは、SIMカードが2枚させるデュアルSIMスマホにSIMプランのSIMカードをセットして使用すると、ポケットWIFIが不要になり、荷物が減らせます。

また、後述のとおりSIMプランのSIMカードでテザリングをすることも可能ですので、スマホのテザリング機能を利用して、外出先でパソコンなどの通信機器をインターネットに接続することもできます。

\業界最安・解約金ナシ/

フジワイファイ公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

フジワイファイのSIMカードでテザリングが可能

フジワイファイのSIMカードをスマホにセットして、テザリングを利用することが可能です。

テザリング

スマホをルーターの様に使用して、パソコンやタブレットをインターネットに接続する機能のこと。

普段はフジワイファイのSIMカードをスマホにセットして使用し、もし外出先でパソコンやタブレットをインターネットに接続したくなった場合には、スマホのテザリング機能を利用してインターネットに接続するということもできます。

注意事項で説明するとおりテザリングできないスマホもあります。

特に、iPhoneではテザリングできませんので注意が必要です。

 

フジワイファイのSIMカードを使うときの注意事項|特にiPhoneは注意!

FUJI WIFIのSIMカードを使用する場合、注意しなければならないことがあります。

  • ソフトバンク回線が使えるルーターなどを用意する
  • テザリングが出来ないスマホもある

 

ソフトバンク回線が使えるルーターまたはスマホを用意する

フジワイファイのSIMカードを利用する場合の注意点として、ソフトバンク回線が使えるモバイルルーターまたはスマホを準備するということがあります。

モバイルルーターやスマホは何でも良いという訳ではないのです。

FUJI WIFIでは、ソフトバンク回線を使用していますので、それに対応したものを用意する必要があります。

 

具体的には、

  • 『ソフトバンク』のルーターなど
  • 『SIMフリー』のルーターなど

このどちらかということになります。

 

SIMフリーとは

ドコモ、AU、ソフトバンクなどのキャリアと呼ばれる会社で購入したスマホなどの端末には、その会社のSIMカードしか使えないように制限(ロック)がかけられています。

これを「SIMロック」と言います。そのような制限がかけられていない状態で販売されているスマホやルーターを「SIMフリー」と言います。

 

ソフトバンクの周波数に対応したSIMフリーのルーター

さらに、SIMフリーのルーターでも単にSIMフリーというだけではダメです。

「ソフトバンクの周波数(電波)に対応したルーター」が必要です。

 

電波(周波数)は1種類ではない

ドコモ、AU、ソフトバンクなどで使用している電波は1種類ではありません。

複数の性質が異なる電波を使用し、出来るだけ圏外エリアが無くなるようにネットワークを張り巡らせています。

そのため、ルーターの種類によっては、それら複数の電波のうち、一部の周波数しか受信できないものがあります。

一部の周波数しか使えないということは、ソフトバンクの通信エリア内にも関わらず圏外になる可能性も高くなりますし、通信が安定しない可能性もあります。

ソフトバンクで使用している電波のうち、メインで使用している周波数に対応したルーターを選ぶ必要があります。

 

ソフトバンクで使用している周波数

LTEバンド 1 3 8 28 41 42
周波数 2.1GHz 1.7/1.8GHz 900MHz 700MHz 2.5GHz 3.5GHz

 

ソフトバンクではこれらの周波数帯を使用していますが、エリア(地域)によって使っている組み合わせが違います。

そのため、これらの周波数帯全部が重要という訳ではなく、特に重視すべき周波数帯があります。

特に重視すべき周波数帯は、

  • 「バンド1」
  • 「バンド3」

この2つです。

 

バンド1(2.1GHz)

「バンド1」は、ソフトバンクにおける主力の周波数帯です。

ソフトバンクは、ほとんどこのバンド1を使って通信しています。

そのため、まずはこのバンド1に対応しているルーターが必須条件です。

 

バンド8(900GHz)

いわゆるプラチナバンドと呼ばれる、とても繋がりやすい周波数帯です。

繋がりやすいということは、圏外になりにくいということです。

速度はバンド1よりも遅いですが、地下や建物内でも安定して通信できるのはこの周波数帯のおかげです。

特に、地方の山間部など電波がつながりにくいエリアはこのバンドがものを言います。

 

【周波数帯の補足情報】

周波数帯は、数字が低い方が繋がりやすくなっています。遠くまで届き、遮蔽物があっても回り込んでくれるので、地下、建物内、新幹線、山間部など、電波が届きにくいところでも繋がりやすいのです。

それに対し、数字が高い周波数帯は、通信速度は速いのですが、遮蔽物に弱いという特徴があります。

  • 数字が少ない ⇒ 速度が遅い代わりに繋がりやすい
  • 数字が大きい ⇒ 速度が速い代わりに障害物に弱い

 

テザリングができないスマホもある

SIMカード自体には制限はないのですが、使うスマホによっては、スマホ端末側の事情でテザリングが使えない場合もあります。

 

具体的には、

【テザリング可能】

  • Androidスマホ
  • SIMフリースマホ

【テザリング不可】

  • iPhone

このようになっています。

iPhoneではテザリングできないので注意が必要です。

良く分からなくて心配な場合は、ルーターがセットになったルータープランを契約すると間違いがなくて安心でしょう。

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

FUJI WIFIのSIMカードが使えるモバイルルーター

では、FUJI WIFIのSIMカードが使えるモバイルルーターをいくつか紹介します。

間違いない万能ルーター:Aterm MR05LN

 

「Aterm MR05LN」は、モバイルルーターならコレと言うくらい間違いないメジャーなルーターです。

  • 連続通信時間:WIFIテザリング14時間
  • 大きさ:63×115×11mm
  • 重さ:115g
  • ドコモ、AU、ソフトバンク全ての周波数帯(バンド)に対応

 

値段は現在価格で約2万円ほどとチョット高額ですが、全てにおいて抜かりがありません。

ドコモ、AU、ソフトバンク全ての周波数帯に対応しており、バッテリー持ちもWIFIテザリング状態で14時間、休止状態ならなんと最長1250時間も連続待受が可能です。

SIMカードは2枚セットでき、切り替えて使うことができるうえ、クレードルと言われる台座を使うと有線接続をすることもできます。

 

このルーターで不満になるようなら、ほかのどんなモバイルルーターを使っても満足できないと思われるくらい万能ルーターです。

 

もう少し安いのが良いなら:HUAWEI E5577S

「Aterm MR05LN」よりももう少し安いのが良いなら、「HUAWEI E5577S」です。

値段は、約半分の1万円程度です。

 

  • 連続通信時間:WIFIテザリング12時間
  • 大きさ:58×96.8×17.3mm
  • 重さ:112g

 

特にこれといった特徴はありません。

ドコモとソフトバンクの周波数帯(バンド)には問題なく対応していますが、AUについては対応バンドが少ないので電波状況は良くないでしょう。

FUJI WIFIのSIMカードをいろいろと差し替えて使ってみたい人には良いかもしれません。

しかし、SIMカードを差し替えて使ったりしない場合は、ルータープランで契約をした方が良いでしょう。

あえて自分でルーターを準備してSIMプランで使う意味はありません。

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

注意!ルータープランのSIMカードは差し替えできない

『ルータープランのSIMカードって差し替えできないの?』

と、思いませんか?

ルータープランで契約しつつ、別に使いたいルーターがあったらそっちで使う。

そんな使い方が出来たら便利ですよね。

 

しかし、結論を言うと、

ルータープランのSIMカードの差し替えはできません!

注意が必要です。

 

FUJI WIFI(フジワイファイ)のサービス利用規約

FUJIWIFIのサービス利用規約には次のような条項があります。

 

第15条(貸与機器の管理及び弁済金支払義務)
1.乙は、善良なる管理者責任をもって貸与機器一式を維持、管理するものとし、その利用に当たっては以下の行為を行ってはならないものとする。
(2)貸与機器の分解、解析、改造、改変等、PINロック設定、貸与機器「モバイルWi-FiルーターにセットされているSIMカード」の貸与機器以外での利用

 

この条項によると、

貸与機器以外でのSIMカードの利用は禁止

となっています。

 

ルータープランのSIMカードの差し替えは、明確に利用規約でダメと規定されているのです。

 

利用規約に違反するとどうなる?

では、サービス利用規約に違反するとどうなるのでしょうか?

これもサービス利用規約に記載があります。

 

第15条(貸与機器の管理及び弁済金支払義務)
2.前項の禁止事項に該当すると甲が判断した場合、乙は甲の請求に従い、損害賠償としてFUJI Wifi 重要事項説明 第5条、第9条に記載のある違約金もしくは弁済金を直ちに支払うものとする。また、被害額が記載金額を超える場合は甲が被った被害額の実損額とする。

 

この条項によると、ルータープランのSIMカードを差し替えて使用すると、

損害賠償として違約金もしくは弁済金を支払う必要がある

ということです。

 

違約金もしくは弁済金の金額は?

違約金・弁済金の金額は先ほどのサービス利用規約によると、

『FUJI Wifi 重要事項説明 第5条、第9条』

に記載されているようです。

 

では見てみましょう。

 

FUJI Wifi 重要事項説明

第5条 料金について
1.本サービスの料金は、以下の通りです。
申し込み完了日時の契約内容に準ずる請求金額とします。
別表1「利用料金」
・国内利用プラン月額基本料金
請求書払いの場合、毎月1日~月末まで。
クレジットカードの場合、毎月1日~月末まで。
・海外利用プラン日額基本料金
・日本国内お試しプラン基本料金
別表2「その他の費用」
・契約事務手数料及びプラン変更手数料
・安心サポート基本料金(各種プラン含む)
・AC充電器 300円(税別)
・貸出送料 お届け方法により無料もしくは有料
・返却送料 お客さまご負担 ※着払い返却の場合、着払い分の実費をご請求します。
・再請求手数料 300 円(税別)
・督促料 300 円(税別)
・貸与機器返却遅延違約金
日本国内利用プランにおいては、遅延1ヶ月毎に利用料金1ヵ月分
日本国内お試しプランにおいては、遅延1日毎に500円(税別)
海外利用プランにおいては、遅延1日毎に別表3記載の料金
海外利用プラン及び日本国内お試しプランにおいては、レンタル終了日から起算し5日以内に返送の確認ができない場合には当該貸与機器の返却意思が無いものとし、 FUJI Wifi 重要事項説明、第9条 弁済金貸与機器に関わる全ての弁済金をご請求します。
・契約期間終了後の返却機器利用データ通信違約金
日本国内利用プランにおいては、利用料金1ヵ月分
海外利用プランにおいては、レンタル期間分の基本料金(割引前)
・破損紛失弁済金 弁済金一覧参照
・代替品送料 500円(税別)
・代替品返却送料 お客様ご負担
別表3「海外利用プランに関わる費用」
・貸与機器返却遅延違約金
韓国プラン 800円(税別)
台湾プラン 800円(税別)
2.レンタル料金は、使用有無にかかわらず発生します。
3.インターネット接続料金は、レンタル料金に含まれます。
4.貸出初回発送料はお届け方法により無料もしくは有料となります。
5.日本国内利用プランにおいては、月の途中でのご加入、もしくは月の途中でのご解約(解約月は解約締め日による)の場合であっても、基本使用料金は一律、別表1記載の「利用料金」となります。日割計算は行いません。
但し、申込み時に当月から利用を選択し、16日~月末にお申込みを行った場合、ご契約時の内容に準じた初月の月額基本料を半金対応にてご請求します。

第9条 弁済金について
[弁済金一覧] 貸与機器 金額
貸与機器           金額
・本体・・・・・・・・・・・・・・20,000円(税別)補償範囲内
・電池パック・・・・・・・・・・・4,000円(税別) 補償範囲内
・背面カバー・・・・・・・・・・・本体に含む 補償範囲内
・SIMカード・・・・・・・・・・・4,000円(税別)
・マイクロUSBケーブルもしくはUSB Type-Cケーブル(ケーブルの種類はルーター端末による)
・・・・・・ 200円(税別)2016年12月16日以降の申し込み契約のみ対象
下記の貸与機器は、海外利用プランのみ追加で弁済金対象となります。
・海外用充電機器(海外用変換プラグ、AC充電器含む)・・・・・・・・1,000円(税別)
下記の貸与機器は、日本国内お試しプランのみ追加で弁済金対象となります。
・AC充電器・・・・・・・・・・・・ 300円(税別)
下記の貸与機器は、2016年12月15日以前の申込み契約のみ追加で弁済金対象となります。
・AC充電器・・・・・・・・・・・・ 500円(税別)
下記の貸与機器は、2016年12月15日以前の申込み契約のみ追加で弁済金対象となります。
・ポーチ・・・・・・・・・・・・・・500円(税別)
下記の貸与機器は、SIMプランのみ追加で弁済金対象となります。
・SIMカードケース一式(SIM PIN、SIMアダプター3種全て含む)・・・ 800円(税別)
※貸与機器本体とSIMカード以外はレンタル途中の再発行はできません。

 

メッチャたくさん書いてあります。

禁止事項に違反した場合の具体的な損害賠償額は…正直良く分かりません。

違反したらこの金額を請求しますよ!とはっきり書いてないからです。

 

ただ、サービス利用規約には

第5条、第9条に記載のある違約金もしくは弁済金を直ちに支払うものとする。

こう書いてあります。

 

読みようによっては、第5条と第9条に記載のある全額を請求されてもおかしくありません。

範囲が限定されていないからです。

すると、貸与機器関係だけでも2万8000円の金額となります。

全額請求されたらヤバいですね😱

 

結論:ルータープランのSIMカード差し替えはできない。素直にSIMプランを使いましょう。

以上のとおり、FUJI WIFI(フジワイファイ)のルータープランのSIMカードの差し替えは、サービス利用規約で明確に禁止されています。

規約に違反すると、高額な損害賠償請求をされる可能性があるので注意が必要です。

SIMカードをいろいろな機器に差し替えて使用したい場合は、SIMカードだけレンタルできる『SIMプラン』で契約しましょう!

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

 

【設定方法を紹介】SIMプランのSIMカードを使うときはAPN設定が必要!

SIMプランでレンタルしたSIMカードをスマホやモバイルルーターにセットするだけではまだインターネットは使えません。

SIMプランでインターネットに接続するためには、最初に『APN設定』をする必要があります。

buu
最初は心配ですが、慣れてしまえばとっても簡単です。

 

そもそも『APN設定』ってナニ?

いきなり『APN設定』と言われてもピンと来ませんよね。

ザックリいうと、インターネットに接続するための設定のことです。

これをやらないとインターネットに接続することが出来ないのです。

 

もう少し具体的に説明すると、

APNとは、正確には『アクセスポイントネーム』と言います。

コレが何かというと、

インターネットに接続するための情報

のことです。

 

スマホなどにこの情報(APN情報)を設定することでインターネットに接続できるようになります。

すごく大事な設定です。

 

初めてだと何だか難しそうに感じるかもしれません。初めてだと『何それ?』って感じですからね。

私もスマホを格安SIMに乗り換えたときに初めてAPN設定をやりましたが、やっぱり恐る恐る入力しました。

でも、やってみると分かると思いますが作業自体はかなり簡単です。スマホで文字入力さえできれば大丈夫です。

慣れないと難しいかな?と思うところは、APN情報を入力する画面までのたどり着き方でしょう。普段あまりいじらないメニューの部分ですからね。

ただ、ここさえ分かってしまえば難しいところはありません。慣れればどんなスマホでもAPN設定が簡単に出来るようになります。設定マニュアルも一緒に送られてきますから心配しなくても大丈夫です。

buu
今ではどんなスマホでもAPN設定が出来る自信があります!

\業界最安・解約金ナシ/

FUJI WIFI公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

FUJI WIFI(フジワイファイ)のAPN情報

FUJI WIFI(フジワイファイ)のAPN情報は、SIMプランのSIMカードと一緒に送られてくるマニュアルやマイページで確認することができます。

それ以外では、公式サイトを確認してみましたが具体的なAPN情報は書いていないようです。

buu
『どこかに書いてないかな?』 と、ネットで調べてみたところ、具体的なAPN情報がありましたので参考に紹介します。

 

具体的なAPN情報

  • APN:plus.4g
  • ユーザー名:plus
  • パスワード:4g

 

FUJI WIFI(フジワイファイ)のAPN設定方法

APN情報を入力する画面は、使っているスマホによって違います。

 

ただ、だいたいのスマホは、

ネットワーク関連メニューの中にある『アクセスポイント名』などという項目

でAPNの設定ができます。

 

スマホの設定画面の『インターネット』とか『SIM&ネットワーク』などのメニューの中に、『アクセスポイント名』などというのが無いか確認してみてください。

見つかったらあとは簡単です。

 

先ほど説明したAPN情報を、アクセスポイントの追加設定画面から入力するだけです。

こんな感じの画面です↓

APN設定

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

FUJI WIFIのSIMプランまとめ

FUJI WIFI(フジワイファイ)のSIMプランのメリットは

  • おまとめプランにするとルータープランよりも月額料金が安くなる
  • 使いたいモバイルルーターが自分で選べる
  • デュアルSIMスマホで使えば荷物を減らせる

この3つです。

 

ルータープランでは、SIMカードの差し替えができませんので、FUJI WIFIから送られてくるルーターを使うしかありません。自分で使用したいルーターが有る場合は、SIMプランでSIMカードのみレンタルをして、自分で用意したルーターに差して使うことになります。

また、モバイルルーターを使うと、スマホとルーターの2つを持ち歩く必要があるので、荷物が増えてしまいます。しかし、SIMカードが2枚セットできるデュアルSIMスマホを使えばルーターは不要になりますので、荷物が減らせます。

その際の注意事項としては、FUJI WIFIはソフトバンク回線を使用しているため、用意するモバイルルーターなどもソフトバンク回線が使える、

  • 『ソフトバンク』のルーターなど
  • 『SIMフリー』のルーターなど

を準備する必要があります。

 

このとおり、FUJI WIFIのSIMプランで使うルーターやスマホは何でも良いという訳ではありません。ちゃんとソフトバンクの周波数帯(バンド)に対応したルーターを選ぶ必要があります。なかなか専門的な話もあり、難しく感じる人も多いと思います。

『何だか良く分からなくて心配だな・・・』という人は、ルータープランで契約する方が間違いありません。

 

以上、FUJI WIFI(フジワイファイ)のSIMプランについてご紹介しました。

  • 面倒なことを考えたくない場合は、ルータープラン
  • アレコレ工夫して自由に使いたい場合は、SIMプラン
buu
こんな感じで利用すると良いでしょう!

\業界最安・解約金ナシ/

公式サイトはこちら

契約期間の縛りが無いポケットWIFI

関連フジワイファイは遅い?利用者が口コミ・評判徹底レビュー

スポンサーリンク

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.